ハイブリッドカーのことなら秋田トヨタへ! サイトマップ リコール情報 お問い合わせ

トップページ > 企業・採用情報 > 求める人物像

 

求める人物像


秋田トヨタが求める人材像


人と接し話す事が好きで、そんな人や仲間との信頼関係を築くことができる。

苦難に直面しても、自らのアイデアや努力で乗り越える事ができる。

何かに興味を持ち、没頭し、成し遂げた経験がある。そんな方がこの仕事に向いているのではないでしょうか。

信頼を築き上げるには永い年月がかかります。しかし失ってしまうのは一瞬です。

私たちと一緒に行動し、地道に信頼を積み重ねていける。そんな方を募集しています。

総務部 人事担当 
 
 
 

 

 

自動車営業職に求められる条件とは

 

 

よく耳にする言葉に「お客様ニーズの多様化」などがあります。

お客様のご要望については、営業活動の中でのお客様とのコミュニケーションにより詳しく知る事ができます。
しかし、その時々の流行を掴むには、まわりの人より高いアンテナを張り巡らせ、様々なことに興味を持ち、世間では何が流行り、何が求められているのか、を敏感に察知できる、ある程度の資質が必要だと考えています。
スタッフの一言一言に「なるほど」と感心したりする、ちょっとした積み重ねから、「このスタッフなら安心して任せられる」といった「信頼感」につながります。
今やPCや携帯電話のインターネットから、手軽に日々最新の情報を、誰でも得る事ができます。

お客様の方が、詳しい情報をお持ちの場合もあります。
それを理解したうえで、更に上をいく提案ができる。そんなスタッフの育成に力を注いでいます。

 

 

 


 
 

 

なぜ私たちが、そのような人物を求めるのか?

 

クルマは日々進化しています。

顧客のニーズに対応した、様々なオプション。クルマ自体の安全対策・走行性能、等々。

お客様にご説明を求められた時に、正しく納得のいく回答をしなければなりません。
クルマの販売をするためには、こうした数多くの事を吸収していかなければなりませんし、そうした情報は幅が広く、何よりクルマが好きでなくては務まりません。

 

 

 


 

 

こんな職場だからこんな後輩求めます!

 

 

自分が点検や修理を担当したおクルマについては、責任をもってお客様に説明ができるように、日々心掛けています。

職場の先輩たちは皆個性的で明るい人たちばかり。

私もそれに負けない位、元気ですが、更に上をいく、元気で明るい後輩に入社してきて欲しいですね。


2005年入社 佐々木 康文